PAQUITA a gogo

ウィペット パキータとサルーキ キトリとの生活

奈良 旅行 3日目(5/4(月))の午後

午後は北上して興福寺に行きました。

comments (0) : trackbacks (0) : Edit

奈良 旅行 3日目(5/4(月))の午前

ヤッターマンのドクロベェ様のように“亀形石造物を見学せよ”とTwitterから指示され、遺跡巡りをしました。

comments (0) : trackbacks (0) : Edit

奈良 旅行 3日目(5/4(月))の朝

2泊目の宿は吉野山。奈良の都からはだいぶ南に下りました。(宿がそこしか取れなかったのです…)吉野山はそもそも今回の旅の目的ではなかったのですが、行ってみてとても良かったです。次は吉野山をもっと観てみたいと思いました。

comments (0) : trackbacks (0) : Edit

奈良 旅行 2日目(5/3(日))の午後

5/4が雨の予報になったので5/3は野外をメインにして石舞台古墳に行くことにしました。

comments (0) : trackbacks (0) : Edit

奈良 旅行 2日目(5/3(日))の午前

朝食後チェックアウトして宿に車を置かせてもらったまま、すぐ近くの法隆寺を参拝しました。

comments (0) : trackbacks (0) : Edit

奈良 旅行 2日目(5/3(日))の朝

1泊目は法隆寺近くの民宿に泊まりました。2日目の朝食の前にその近辺をお散歩しました。

comments (0) : trackbacks (0) : Edit

奈良 旅行 1日目(5/2(土))

5月2日から5月4日にかけて、奈良県に行ってきました。奈良県は私(パキパパ)が中学校の修学旅行で行って以来です。 修学旅行は奈良/京都でしたが、奈良はあまり記憶がありません(笑)。 忘れないようにブログに記録を残しておこうと思います。

comments (0) : trackbacks (0) : Edit

白川郷 高山 旅行

 5月2日から5月3日にかけて、岐阜県の高山と白川郷に行ってきました。高山は私(←パキパパ)が高校生の頃に旅行をして、とても情緒のある町で気に入っていました。いつかは行きたいと思っていましたが、それがやっと実現しました。

 当初の目的は高山だったのですが、せっかく岐阜県に行くのだから、白川郷にも行っておこうとなり、一泊旅行が過密スケジュールになりました。今回の日記はパキパパが書いてみます。


5月2日(木)平日 白川郷
 ゴールデンウィーク中ですが平日でしたので東名および第二東名は空いていました。休憩を入れながら7時間で白川郷に到着しました。現地の最高気温は13℃と寒く、冬装備で散歩開始です。

 これから散歩しようとした所、mixiのお友達のエカテリーナちゃんに声をかけてもらいました。偶然、エカテリーナちゃんも同じ日に白川郷に来ていたのです。エカテリーナちゃんは午前中に見終わって帰る所でしたが、パキママのTwitterを見て、待っていてくれました。ありがとうございました。

0101.jpg



合掌造り
 外観ばかりが先行して成り立ちを知らなかったのですが、合掌造りは屋根裏でお蚕さんを飼っていたそうですね。急勾配の屋根は雪対策もされど、蚕棚の空間をとる目的もあったのですね。現代風に言うと4階建て?

0102.jpg




展望台到着
 上空から撮られた観光用の写真を見かけますが、どこから撮るのだろうと思っていました。それがここ、天守閣展望台と分かりました。ここなら一望できます。

0103.jpg



全景
 iPhoneで目一杯アップにして撮ってみました。まさにおとぎの国です。チャップリンが愛した日本とはこんな感じなのだろうか?

0104.jpg



田園と桜
 白川郷は雪景色が印象的ですが、春もなかなか良いものです。日本人が思い描く原風景がそこにあります。もしかすると夏に来るのも良いかも知れません。

0105.jpg



田園と水路
行って分かった事があります。それは水が豊富で、水路が発達している事です。稲作も盛んなようで、都会とは無縁に豊かな村なのだと思いました。
 
0106.jpg




ニジマス
 水路にニジマスがいました。飼われているものか、養殖池からでてきたものか? パキトリは気になるようです。

0107.jpg




 こちらは和風庭園になっていて、池に空が映り込んで綺麗でした。贅沢な気分になります。

0109.jpg



高山
 白川郷を後にして、高山に移動。カーナビは国道158号を走り荘川ICから高山に入るルートを案内。ところが高速道路が伸びていてICの出口もずれていたらしく飛騨清見ICをうっかり通過。「高山へは飛騨清見ICで降りること」と看板があったのに気が回らず、後の祭り。
次は25km先の白川郷ICで、さっき出たはずの白川郷へぐるっと一周逆戻りになってしまいました。

民宿岩田屋
 今晩の宿は普通の民宿にしました。残念ながらパキトリは車待機です。宿は古い町並みの近くにあり観光には便利な場所でした。チェックアウト後も駐車させてくれますので、翌日の観光で助かりました。

0201.jpg



夕食
 美味しかったです。量も適量でヘルシーな料理でした。体に染み入る感じです。
 隣の席では外人の団体が日本料理を楽しんでいました。土鍋に火を入れるとき、ガイドさんが料理しながら食べるのだとみんなに説明していました。たぶんね。英語っぽく聞こえた。

0202.jpg



飛騨牛
 前日に会社の同僚に高山に行くと言ったら、飛騨牛を食べるべきだと言われました。確かに霜降りの高級牛で、食べずに帰るのはもったいないと納得しました。

0203.jpg



5月3日(金)憲法記念日 高山
朝散歩
 朝食前にお散歩をしました。人がいなくて町並みを見学するには最適でした。パキママはTwitterに忙しいようでした。

0204.jpg



町並み
 町並みが古く、タイムスリップしたみたいです。

0205.jpg



朴葉味噌焼き
 昨夜に続く飛騨牛です。朴葉味噌が絶品でした。家でも出来ないだろうか?

0206.jpg



朝食
 旅行中は何故か食が進みます。お米が良いのかも。

0207.jpg




高山駅
 高校生の頃は国鉄で高山駅に来ました。かつての記憶が蘇るかと思い、まず高山駅に行きましたが、全く思い出しませんでした。残念。

0208.jpg



高山陣屋
 江戸幕府は山林や地下資源が欲しくて飛騨を直轄地にしたそうです。その拠点がここだそうです。結構、立派な建物でした。

0209.jpg




町並み
 立派な門構えですね。こんな家で暮らしたい。駐車場の事を考えてはいけません。

0210.jpg




昼食
 町並み見学中に昼食のお店を探していました。やっぱり飛騨牛でしょうとなり、これになりました。昼食前に民宿に戻り、パキトリは車で待機して貰いました。

0211.jpg




帰宅 雪山
 名残惜しいのですが、一泊旅行は終了です。帰りは中央道で帰りました。松本方面を見ると雪山です。今年のゴールデンウィークはいつもと違い楽しめました。また、いつか、来たいです。


0212.jpg
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

2012北海道の旅 4 カヌーツアーゴーゴー

今年の一番のお楽しみがニセコのカヌー体験。
ワンコOKのツアーに参加してきました。


まずは注意事項その1
カヌー03_S.jpg
ライフジャケットはきっちり着こみましょう。

注意事項その2
カヌー04_S.jpg
※パキパパ実際は落ちてません(笑)

さあいよいよ出発です!(前置きが長かった。。。!)
カヌー01_S.jpg
(クリックで大きくなります)


カヌー02_S.jpg
続きを描くかは気分次第です。
comments (0) : trackbacks (0) : Edit

2012北海道の旅 3 洞爺湖→実家

8/14(火) 晴れ 北海道帰省 往路 (洞爺湖−>江別)

06:50 洞爺湖 洞爺山水ホテル和風 起床

洞爺山水ホテル今年は5階のお部屋でした。裏手の有珠山側の眺めです。前日の雨は夜のうちに止んでよく晴れました。
ホテルはエレベーターワンコOK、絨毯敷きの廊下もそのまま歩いてOKなので上階でも全然平気です(笑)
チェックアウトの時、団体で来ていたお客さんがパキトリの姿を見て、今度犬を連れてきたいとフロントに聞いていましたよ。大型犬が廊下を歩いているのが新鮮だったみたいです。

636693613.jpg


08:00 洞爺湖 洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス 日帰り入浴

ホテルの朝食後、毎年気になっていた湖畔の大きなホテルに日帰り入浴で入って来ました。
泉質は同じですが、設備が豪華で雰囲気を楽しみました。来年は万世閣の隣の湖畔亭に行きたいです。最上階9階の洞爺湖を一望できる露天風呂に行ってみたい!
洞爺湖 洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス
日帰り入浴 7:00〜21:00(10時〜13時まで清掃・受付は20時まで)
【大人】1,000円


09:00 洞爺湖 洞爺山水ホテル和風 チェックアウト

09:40-11:00 洞爺湖有珠山ジオパーク 西山火口散策路 散歩

今日は前日の雨で行けなかった洞爺有珠山ジオパークの西山火口散策路に行くことにしました。
実は何度か来ている西山火口。隆起した地形や地熱帯がスゴイのです。ブログにも載せたような気がするのに、記事がない(あれー?)。
このコースの見所は隆起で大きく変形したワカサイモの工場跡。今まではそこまで来ると引き返していましたが、今年はコースの最後までお散歩してみました。

ここはもともとゆるい下り坂の国道が、噴火の地殻変動で隆起して池になった場所です。取り残された車がみえました。このあたりは噴火するまえに避難区域に指定されていたはずなので、なぜこんな場所(道路)に車が残っているのか不思議です。
636753914.jpg

636759514.jpg


隆起でアスファルトがやぶけ、階段状の地形になっています。
説明板にはアフリカの大地溝帯と同じ原理でできたと書いてありました。
636761910.jpg


50km制限の標識が地面ぎりぎりに埋まってます。噴火の火山灰が2mは積もったということですね。
636764735.jpg


海が綺麗です。大きな湖が海の近くにあるのが不思議です。
ちなみに洞爺湖はカルデラ湖で、「とうや」はアイヌ語の「湖の岸」に由来するそうです。
636766121.jpg


これが被災したわかさいも本舗(お菓子)工場。地面が変形したのでめちゃめちゃに壊れています。
636771497.jpg

遊歩道の出口手前には被災した幼稚園がありました。せっかく終点まで歩いたのに写真を忘れました。
説明板によりますと、入園式の準備をしている最中に被災したそうです。噴石の影響で壁にも穴が空いていました。

幼稚園を過ぎると終点です。そんなに距離があるわけじゃないのですが、夏場は遮るものがないのと地熱帯を歩くのでけっこう暑いんですが、今年はそこそこ気温が低めだったので最後まで歩けました。
この遊歩道は周回コースではないので、来た道を戻ってお散歩終了。このあと実家に向かいました。

後で知ったことですが、洞爺湖町(虻田町と洞爺村が合併)と箱根町は姉妹都市なのだそうです。身近な町と交流があると知り、嬉しくなりました。

15:30 江別 実家 到着

やっと実家に到着しました。玄関に飾ってあったキキョウとニゲラとワレモコウです。北海道はもう秋の花が花ざかりでした。
Share photos on twitter with Twitpic


来年の計画
湖畔亭の屋上露天風呂に入りたいです。
comments (0) : trackbacks (0) : Edit

2012北海道の旅 2 温泉の旅

8/13(月) 雨 北海道帰省 往路 (函館−>洞爺湖)

07:30 鹿部温泉 旅館倉敷 起床
とっても涼しくて快適です。エアコンはもちろん扇風機もなしで平気でした。
朝ごはん。写真右下は大根ではありません。イカ刺しです。鹿部漁港に水揚げされたイカを早朝に車で売り歩いているので新鮮!
このイカ売りの車は演歌を流しながら「イカイカー!イカイカー!!」と売りに来る。。。演歌+ダミ声の売り込み声、、、なかなか風情が(?)ありますよ。

636049632.jpg


09:30 鹿部温泉 旅館倉敷 出発
晴れていれば、今夜の宿泊地洞爺湖であちこちお散歩して観光するつもりでいたのですが、残念ながら雨模様。
そんなわけで普段犬連れではできないことをすることにしました(笑)
気温が低いので、ぱきとりは車で待機(雨が降ると毛布が恋しいくらい寒い)日帰り入浴のハシゴをしてきました。

10:15 濁川温泉 温泉旅館天湯 日帰り入浴
5号線沿いにみつけた看板に惹かれて濁川温泉に寄り道。日帰り入浴400円。お客さんは誰もいないので貸切りでした。

名称未設定-1.jpg

12:00 長万部 昼食
駅弁の「かにめし」を売ってるドライブインで食事。今回は初めてお店の中に入って食べることにしました。いつもはここでお弁当を買って車内で食べるのだけど、今日は雨だから中の食堂で食べてみました。お昼どきはけっこう混雑しています。
まんべくんもいましたよー。大胆なデザインです。子供の頃はけっこうこういう絵を創作していたのですが、久しく書いていません。頭に菖蒲(長万部町の町花)、手と胴体がカニ、耳にホタテ貝だそうです。

636178744.jpg


15:30 登別カルルス温泉 鈴木旅館 日帰り入浴
入浴剤『日本の名湯』で有名な?カルルス温泉に行きました。大きな温泉ホテルも広いお風呂や立派な設備で良いのですが、こういう日帰り入浴だとひっそりとした温泉宿にも行ってみたくなります。温泉街を一巡してよさそうに見えた鈴木旅館で日帰り入浴。カルルス温泉街の中では大きい旅館だったようで、お風呂には熱めの温度やぬるめの湯船が並んでいたり打たせ湯があったり、とってもよかったです。ちょうど3時ころでこの日の宿泊客がどんどんチェックインしているところでした。次回は時間をずらして行ってみようかな。
ちなみに鈴木旅館は温泉開拓からの老舗のようで、古い写真が多く飾ってありました。

636265945.jpg


お風呂からあがったらちょうど雨がやんでいて、ぱきとりちっち散歩。奥の川は湯けむりがあがっているのか??それともとなりの温泉宿のお風呂の湯気かしら?ぱきとりも川の温泉に入れたらよかったね(←ぱきとり風呂嫌い。いい迷惑)

636280298.jpg


16:40 昭和新山
昭和新山がみえてきました。ぼちぼち洞爺湖です。

636299470.jpg

17:20 洞爺湖 洞爺山水ホテル和風 到着
今日の宿泊先の宿に到着しました。本州で750Km、北海道で200Kmを走破!くたびれました。パキちゃんも疲れたようです。
貸切バスの基準によると、1日目は二人勤務が必要な距離でした。パキちゃんも運転してくれると助かるな(笑)。
636315913.jpg


18:30 洞爺湖 洞爺山水ホテル和風 夕食
ここ三年、毎年泊まっているのですが、今年のごはんは去年までよりよかった!どれもお料理おいしくて食べ過ぎました。旅館のお料理って、ホント量がすごいですよね。 今日の旅路は温泉三昧で、テレ東の温泉番組かという感じでした。

636342739.jpg


晩御飯のごちそうは量が多いのでパキトリに協力して貰いました。準備中のキトリちゃんはまだかまだかと武者震いが凄かったです。感情表現がはっきりしすぎててキトリちゃんは面白い!

636372812.jpg


9:00 洞爺湖 花火大会
花火の時間の直前まで雨でした。そして花火が終わったらまた降ってきました。今年も見れてよかったです。

636414832.jpg


来年の計画
鈴木旅館にもういちど行ってみたいです。
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

2012北海道の旅 1 帰省ラッシュピークの往路

8/12(日) 曇 北海道帰省 往路 (神奈川−>函館)
今年も北海道へ帰省してきました。初日は移動ばかりですがまた行くときの参考に記録しときます。

例年安比高原や青森、十和田あたりで一泊してましたが、今年は一泊せずに一気に函館まで行く計画にしました。フェリーの出港は17:05。乗船手続きや乗船前の準備(ワンコたちのトイレが重要)のため出港前一時間16:05到着予定。今までの経験から休憩込で12時間で首都高〜東北道を北上する予定です。

03:00 神奈川県
午前3時に出発。
夜通し宇都宮が渋滞してるようだったので首都高から常磐道に迂回しました。

05:25 茨城県
天気は曇だったので、日差しがなくてとても楽でした。守谷付近〜日立は気温が低いのか霧でした。
Share photos on twitter with Twitpic

07:20〜8時代 福島県
夜通し渋滞表示が出ていた郡山〜福島の断続渋滞は思ったより酷くなかったです。むしろ夜中の方が大変だったような印象でした。
福島〜仙台にかけてのPAやSAは軒並み混雑。写真は国見SAの混雑。渋滞はこの時間になるとまた復活していて、福島よりも仙台〜岩手の方が曲者でした。
Share photos on twitter with Twitpic

09:20 宮城県
混雑のSAに入らずに我慢してきたところですが、そろそろ給油もしとかなくちゃと、菅生PAに入るための行列に並びました。
Share photos on twitter with Twitpic
ここで休憩&給油しておいたのが後々効いてくることをまだこの時は知らない。。。(笑)

10:20 宮城県
一関〜平泉前沢が事故で通行止めという渋滞情報。その影響か、仙台宮城でまた渋滞に突入。仙台と聞けばだいぶ北上してるイメージですが、実際は青森までのまだ半分。東北道の道のりはここからが長いんです(爆)
帰省の東北道がこんなに混んでるのは初めて。混雑してると猛スピードで無理な追い越しとか、無茶な車がいないのは楽なのですが、乗船時間が気になって落ち着きませんでした。
Share photos on twitter with Twitpic

12:00 宮城県
一関〜平泉前沢間の通行止めは11:30ころに解除されていて下道に下りずに済みましたが、渋滞はいっこうに解消されず、お昼頃になっても志波姫PA付近でほとんど停車で数十分。何事か?と思ったところに覆面パトカーが路肩を走って行きました。事故があって車線規制中という情報もツイッターから入って来ました。その後もまともなスピードで走れるようになるまで30分ほどかかり、青森まではまだ280キロ。船に乗れなかったら宿の予約諸々すべて狂っちゃうので大問題。この時点でカーナビの到着予定時間が16:50になっていました。かなり厳しい時間です。ヒヤヒヤしました。

16:15 青森港
なんとか青森港に到着。かなり無理をして菅生PAから休みなしで走りました。菅生でガソリンを満タンにして、トイレもしっかり済ませていたのがよかったです。
昼ごはんはオヤツにもってきたせんべいで済ませました。

16:40 青森港 乗船手続き後
今回は間に合わないかとヒヤヒヤしました。乗船受付はキャンセル待ちの列がハンパなかったです。今日みたいな渋滞は想定外でこれより早い便を予約しててフェリーに乗れなかった人もいたんじゃないかなと思います。
Share photos on twitter with Twitpic

17:05−20:45 青森港−>函館港「びなす」乗船中。
毎年、高速船の座席指定が確実に座れるし、揺れも少なく所要時間も短いので犬連れには安心かと思っていたのですが、予約の段階で高速船の臨時便就航が確定していなかったので、普通便の「びなす」を予約。2等船室初体験です。高速船では船内を走り回る子供たちが煩くてなかなか休めなかったのですが、2等船室は思ったよりも人が少なく子供たちも走り回らず、ごろ寝もできてだいぶ体が休まりました。

21:30 函館市街 
函館に到着。すっかり涼しかったです。
Share photos on twitter with Twitpic

22:00 函館市街 
乗船中に調べておいた駅前の大門横丁で晩ごはん。函館ラーメン。
名称未設定-1.jpg
パキパパんのラーメンにはレンゲが大サービス。

食後は宿泊先の鹿部温泉旅館倉敷へ。23:30ころ到着。お風呂に入ってすぐ就寝。やっと初日終了。無事に宿まで辿りつけてよかったです。

来年の計画
・青森までの所要時間は休憩、渋滞含め15時間くらいで考える。
・青森で一泊した方が気楽。(運転中に船の時間で気を揉むのはよろしくない。)
・2等船室でゴロ寝はよかった。昼寝用のマットがあれば完璧(静か。寝られる。横になれる。)

comments (4) : trackbacks (0) : Edit

2011 北海道旅行 八泊目(鹿部温泉〜函館〜青森〜安比)

8月13日 (土) 晴れ 北海道旅行八泊目

4:30 鹿部漁港の朝焼け
画像-515.jpg
ぱきんこのトイレのお付き合いで目を覚ましたら夜明け前。東の空がオレンジ色に染まっていました。東の水平線が見える鹿部漁港に寝惚け眼でお散歩にでかけました。

16:50 日の出
画像-545.jpg
空気が澄んだ、静かな朝でした。

10:30 トラピスチヌ修道院
DSC_0810.jpg
ここの近くに親戚の家があって、子供のころはよくここにも寄りました。綺麗なお庭と聖母像の印象が強いです。
トラピスチヌ修道院は女子修道院です。トラピストクッキーで有名なのはトラピスト修道院(男子修道院)はもうちょっと田舎の方にあって、もうちょっと地味(というか厳格)なイメージ。(byぱきままん)


お庭
DSC_0813.jpg
とても整備されたお庭でした。綺麗に刈り込まれたイチイの木がたくさんあります。

司祭館
DSC_0004.jpg
立派な建物で中をみたいのですが、残念ながら非公開。

DSC_0011.jpg
修道院敷地内はワンコNGで、パキトリは車で留守番です。ひとまわりお庭を見て早々に戻りました。

12:20 函館朝市
DSC_0821.jpg函館朝市でお昼ごはん。お昼なので、ご飯もののお店はやってるけど、お魚やさんとかは店じまいの準備してるお店が多かったです。

三色丼二種
名称未設定-1.jpg
鮮度の方は「あれれ?」だったけど(爆)ぱきんことキトリちゃんと一緒に入れたのでOK牧場。

13:30 函館山
DSC_0019.jpg
昼間なら車で登れる函館山(夜はタクシーと観光バスのみ)。夜景が有名ですが、昼間でも良い眺めでした。

画像-576.jpg
パキちゃんだって、景色を眺めたい!(←いつもの高いところをこわごわ覗いてるだけじゃないだろうか。)

画像-581.jpg
バックの函館の街を見ると、函館山はかなりの高さなのがわかります。


北海道旅行の写真はここまで。長々お付き合いありがとうございました♪

以降は次回のための移動のメモ。
(16:00〜18:45 船移動  函館港→青森港)相変わらず子供がハイテンション。船には何か魅力があるらしい。
(19:00〜20:00 夕食) 青森駅前はお盆休みでお店がかなり閉まっていたのには驚いた!
(20:00〜22:00 車移動  青森→安比高原)
(22:00〜08:30 むってぃ泊)

8月14日 (土) 晴れ 北海道旅行最終日
(08:30〜20:30 車移動  岩手→神奈川)
帰省ラッシュの渋滞が予測されているので、早め早めに給油しながらの移動。福島トンネル手前はいつもの渋滞。その後は栃木の渋滞を避けて郡山から常磐道へ。空いていた常磐道も夕方になるとつくば→流山で20km80分の渋滞。
これを避けて、つくばから成田に回り道して東関道→湾岸→帰宅。
いつもなら混んでる保土ヶ谷バイパスがガラガラでした。
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

2011 北海道旅行 七泊目(倶多楽湖〜大湯沼〜鹿部温泉)

8月12日 (金) 晴れ 北海道旅行七泊目
復路のスタートです。寄り道観光しながら、二泊三日で移動します。

10:00 倶多楽湖
昨年も帰りに行こうと思っていた倶多楽湖。道路が豪雨で通行止になり、行けなかったので今年再度チャレンジ。
登別温泉からすぐの場所ですが、あまり開発の手が入っていない場所です。
DSC_0008.jpg
綺麗な湖でしょ!!

DSC_0755.jpg
少し離れた展望台からの遠景。

名称未設定-1.jpg
水質・透明度が自慢。解説の看板撮ってきました(笑)

倶多楽湖をすぎると道は登別温泉方面へ。だんだん硫黄の匂いが強くなってきます。そして山道のカーブをいくつか曲がって突然目の前に広がった光景に吃驚!

10:40 登別温泉 大湯沼

シュウシュウと音をたてて蒸気があがっていました。(このムービーでは風の音とセミの声が被っていて聞き取りにくいかな?)

交通量が少ないのをいいことに路駐で写真撮っていたら、沼の近くに駐車場を発見。降りることにしました(笑)
画像-420.jpg
ここの駐車場は地獄谷駐車場と共通で400円。去年は地獄谷は見れたけれど、大雨の通行止が解除されずここには来れなかった場所です。
「中洲に入ると埋まります」という板書が!熱泥地獄!!


湖畔からの眺め。地面から水蒸気がシューシュー。熱そう。アチチチ。


こちらは奥の湯。硫化水素泉が○o。○o。ぶくぶく。かなり匂います。

11:00 大湯沼川 天然足湯
駐車場から10分くらいで、天然足湯の川に行けます。
画像-441.jpg
大湯沼から流れてくるお湯の川です。途中は湯気があがっていたりして、ちょっと熱そう??

画像-452.jpg
足湯のお湯は40度〜42度くらいだそうです。(その時々のコンディションで変化あり)

オロフレ峠を抜け、函館方面へ向かいます。
画像-455.jpg
オロフレ峠の展望駐車場からの眺め。よく晴れて遠くまで見通せました。
小さく見えている湖は洞爺湖。

17:30 鹿部温泉 旅館倉敷
DSC_0797.jpg
今夜の宿は昨年に引き続き旅館倉敷にお世話になります。

倉敷のおかみさんはとってもいい方でナイスなキャラなのです(笑)
フロントにおいてあったアダバットのバッグを見て犬のマークがサルーキなんですよね〜と話していたら、ちょっと待っててと何やら探し物。あのマークのついた靴下を持ってきて寒くなったら履いて頂戴といただいてしまいました(爆)なんだか嬉しいなあ。ありがとうございました♪

18:30 夕食
DSC_0798.jpg
エビ、イカ、カニ、煮付け、タコの刺身、左上の陶器の蓋はアサリの酒蒸し。左下の蓋物はうなぎの蒲焼!ホイル焼きは鮭のたらこマヨネーズソース。徹底して海鮮! お腹いっぱいになりました。
comments (0) : trackbacks (0) : Edit

2011 北海道旅行 五泊目〜六泊目(ご近所トコトコ。札幌夜散歩)

8月10日 (水) 曇り 北海道旅行五泊目
10:00 サンタクリーム
DSC_0688.jpg
天気予報で今日は雨となっていたので近所を散歩しました。
先日へっぽこさんのツイートでみたプリンが実家近所のお店のものだったのでそこまでお散歩。。。の予定だったけど、雨が降ったり止んだりの天気模様で車で近くまで行ってお散歩トコトコ。
プリン詰め合わせセット1500円→1000円を買って帰りました(笑)

13:00〜16:00 お昼寝タイム
長旅&長散歩ざんまいで疲れたのでお昼寝。昼寝ができるって帰省ならではかなー(笑)

18:30 北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
DSC_0698.jpg
ここ数年の帰省では車で遠出ばかりで札幌市街を歩くことがほとんどなかったので、駅前〜ススキノ界隈をぶらぶら散歩してきました。
こちらは夕暮れの道庁赤レンガ。お庭も綺麗ですね!

19:00 札幌時計台
DSC_0703.jpg
ちょうど19:00。鐘がなります。ガーンガーンとシブイ音でまわりの観光客も鐘がなることを知らずにみんなでビックリ。

パキママ子供の頃は地元ラジオの時報で時計台の鐘の音が使われていたんだけど今はどうなのかなー?と思ったら今でもあるようです♪

19:41 テレビ塔
DSC_0709.jpg
時間と共にライトアップの色が変わります。


20:00 大通公園
DSC_0711.jpg
噴水の前で記念撮影です。夜の街散歩も楽しいです。

20:05 すすきのラーメン横丁 
DSC_0718.jpg
パキパパは高校の修学旅行でラーメン横丁に来たはずなので、行ってみたいと思ったのですが、ここに来んだったかな? 思い出せませんでした。

20:15 路面電車
DSC_0719.jpg
あまり意識してませんでしたが、札幌も路面電車が走っているのですね。路面電車は函館のイメージが強いのです。

20:30 大通公園のテレビ塔と噴水
DSC_0722.jpg
大通公園に戻ってきました。夜の噴水のライトアップがとても綺麗です。
テレビ塔の照明はこの直後ブルーに変わったので、30分ごとに変わるようです。
なかなか夜の街散歩もおもしろかった!名残惜しいのですがこれで帰宅(実家に…)です。

8月11日 (木) 晴れ 北海道旅行六泊目
6:00 地元住宅街の高町公園
画像-303.jpg
天気予報では雨のはずが晴れでした。
帰りの体力を温存しようと今日も遠出はなし。朝散歩で駅まで往復散歩しました(これがちょうど10000歩コース)
朝は気温が下がるので長袖着ていきました(笑)

7:00 小学校
画像-318.jpg
パキママの母校で記念撮影です。当時8組くらいまであったのに、今は2組。。。

11:00 NHK第二放送送信所跡
DSC_0731.jpg
かつてはここからNHKの第二放送を送信していました。
今は遺跡資料館?だそうですが、展示はしてないみたいで倉庫のような使われ方をしているようです。
パキママ小学生はココに集まって夏休みのラジオ体操をしたそうです。

DSC_0730.jpg
倉庫? 雪がつもるからこんな形なんだと思うけど、変な屋根。

DSC_0732.jpg
倉庫? これは物置なのだろう。レンガづくりの古い建物。

用途不明
DSC_0734.jpg
謎の円錐は中が詰まってなくて、押すと動きます。。。何なんだこの円錐は!

ここからはパキママがちょいと検索ってみたことをメモっておきます。
ウィキペディアによると、『1945年9月3日 札幌中央放送局で第2放送開始(中波500w)』とあるので、終戦の頃たてたんですね。と思うと当時はなかなかモダンな建物だったのではないかしら?
この円形の建物と、ヘンテコ屋根の建物に煙突、あと謎の円錐、、、さらには当時もっと鬱蒼としていた針葉樹(防風林)がなんとも不気味で宇宙人でもやってくるんじゃないかとビクビクしてたのを思い出します。(デンパ送信所だからオバケというよりそっちの連想だったらしい、、、)
子供の頃は怖くて裏手に回れなかったんですよー(爆)
comments (6) : trackbacks (0) : Edit

2011 北海道旅行 四泊目(青い池〜ブルーリバー〜白ひげの滝〜十勝岳望岳台)

8月 9日 (火) 晴れ 北海道旅行四泊目
(9:00〜12:00 車移動 江別→美瑛)
9:45 桂沢湖
DSC_0646.jpg
お台場のガンダムのように恐竜立像のある桂沢湖です。今回は草刈作業の関係で湖畔に降りるゲートが開いていました。せっかくなので桟橋まで降りて記念撮影。ムカーシむかしはボート遊びなんかもあったのかな。

12:00 美瑛 カフェ ド ラペ
cafe01.jpg
カフェ ド ラペで昼食です。ここは岩手で泊まったむってぃのお母さんに教えてもらいました。すごくおいしくてリピート決定。ここの近くにある歩人というソーセージ屋さんも教えていただいたのだけど、定休日で寄れませんでした。残念また来年。
カフェから青い池までは5km程度なので、今回のコースにはちょうど寄りやすい場所でした!

DSC_0057.jpg
カフェは林の中にあり、隠れ家的な魅力があります。木漏れ日のテラスは涼しかったのでここで昼食をいただきました。(ワンコの同伴は混み具合にもよるのでお尋ねください。)

ローストポーク
DSC_0658.jpg
木漏れ日の中で食べるローストポークは格別でした! むってぃで食べたヒメマスのレモンバターソースに匹敵するおいしさ!!

13:00 美瑛 青い池
画像-183.jpg
青い池はメジャーな観光地に変貌しておりました。駐車台数はざっと50台を超えていたように思います。
また池の淵には立派な柵が出来ていました。安全第一の日本ですな。

画像-201.jpg
これは雲の陰から太陽が出るのを待って撮った写真。青色は光の加減で変化しますね。

13:45 美瑛 ブルーリバー大橋 白ひげの滝
DSC_0666.jpg
青い池の上流に架かるブルーリバー大橋。
白金温泉のホテルが立ち並ぶ中にあります。
橋の下には美瑛川が流れています。


画像-244.jpg
前に来たときはうっかり通り過ぎてしまった白ひげの滝。
ブルーリバー大橋から白ひげの滝を眺めます。下を流れる美瑛川の水が青いですね。

画像-254.jpg
滝は滝つぼ方向から見上げることが多いけれど、ここでは上から目線で滝を観賞。パキちゃんも見下しています。

DSC_0071.jpg
奥にみえるのが白ひげの滝です。

橋の反対側の景色。
画像-252.jpg
緑の中を流れていく美瑛川。下流に青い池があります。

14:00 十勝岳
画像-008.jpg
十勝岳は冬が相当厳しいようで、高い木が生えないらしいです。高木限界って、書いてあったかな。雪に埋まる高さが限界だそうです。それ以上の高さは寒さに耐えられないそうです。
これは水蒸気を上げる火口。十勝岳は現役であります。火口付近には300度のところもあるのだとか!

14:15 十勝岳望岳台
画像-003.jpg
一昨年は猛々しい岩場をちょっとだけ見ただけだったけど、今年は遊歩道を散策しようと気合入れてきました(笑)

望岳台探勝路
画像-017.jpg
大沼の登山道に比べると、望岳台探勝路はかなり整備されている印象です。(入り口の橋は壊れていて、脇に通路が作ってあったけど)進んで行くと高木限界になり、木がだんだん低くなり、岩場になります。

イワブクロ
画像-010.jpg
人が介在しないお花は可憐です。

画像-014.jpg
名前がわからないけど、星みたいで可愛い花が咲いていました。
探勝路よりも望岳台登山口の方に多くお花があるようで、こちらでは少しだけしかみつけられずちょっと残念。
岩場は一面のイソツツジだったのだけど、もう花が終わっていました。

画像-015.jpg
所々に説明板があるので見ながら歩くのも楽しいです。ぱきとりたちもはりきって登っていました。
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

2011 北海道旅行 二泊目〜三泊目(洞爺〜羊蹄〜ニセコ〜岩内)

8月 7日 (日) 晴れ 北海道旅行二泊目
(08:45〜10:30 車移動   岩手→青森)
(10:30〜12:15 乗船手続き&乗船待ち 青森港)
 11:00 ナッチャンworld
DSC_0524.jpg
青森港に着いた所、既にナッチャンworldが停泊していました。船体の絵が可愛いです。ここにぱきんことキトリちゃんの絵を付け足してもいいと思う。。。

(12:15〜15:15 船移動   青森港→函館港)
(15:15〜18:00 車移動 北海道 函館→北海道 洞爺湖)
(18:00〜08:30 北海道 洞爺湖 洞爺山水ホテル和風)
 18:15 洞爺山水ホテル和風
DSC_0550.jpg
車や船での移動でお疲れモード。ご褒美のおやつを貰います。
畳の目で前足が滑って、お座りをすると→自動的に伏せに移行。

18:30 夕食
gohan01.jpg
イヌ旅行では純和風の温泉旅館に泊まる機会がなかなかないので、洞爺山水ホテルに大感謝です。
さすが温泉旅館の夕食とあって量が多くてテーブルいっぱい! お部屋食なのものんびりできて嬉しいところ。
お刺身と茹で豚はぱきとり用に取り分けておきました。

8月 8日 (月) 晴れ 北海道旅行三泊目

7:00 朝食
DSC_0595.jpg
食いしん坊なキトリちゃんは「これは私が貰うの!」と目でぱきんこを牽制中。

DSC_0604.jpg
しかし朝食にはお刺身はつかないからね(笑)ぱきんこ期待はずれ。しょぼーん。(キトリちゃんはスイカをいただきました。。。)

(8:30〜11:00 車移動 洞爺湖→ニセコ)
 9:35 尻別川 ニセコ駅 羊蹄山
DSC_0620.jpg
去年はあまり天気が良くなくて見えなかったのですが、今年は羊蹄山が綺麗にみえました。手前の川は犬連れ川下りができるというウワサの尻別川。小さくてよく見えないけど、ニセコ駅も写っています。

羊蹄山を観るキトリちゃん.jpg
あれが羊蹄山。。。そこに山があるから。。。今日は山ガールになる。。。

11:00 ニセコ 大谷地湿原
DSC_0622.jpg
何度か来ている大谷地湿原。今年は以前途中で挫折した大沼まで歩こうと思います!

画像-007.jpg
湿地は熊笹に覆われています。キタキツネがいるとこんな感じに見えるんですが…。。。いなかったのでキトリちゃんでヤラセ捏造写真。

plants01.jpg
高山植物が小さな花を咲かせています。

画像-009.jpg
湿地帯は木道があり歩きやすいです。半ズボンは草が足に当たりだいぶ痒かった。(装備選び失敗)

画像-020.jpg
湿原を抜け山道になると道が険しくなります。

画像-024.jpg
例えばこんな感じ。キトリちゃんも腰が引けてます。
キ:え、ここ通るの?
ぱ:今日は山ガールになるんだからねっ!くぐるのよっ!

12:15 ニセコ 大沼
画像-071.jpg
ここが大沼。(沼と言っても北海道の沼は大きいな。)

DSC_0625.jpg
全く観光地化されていなく、人っ子一人いませんでした。
戻ってきて調べてみると、ここは登山ルートの途中の景勝地という感じ。観光気分で来る場所じゃないらしい。たしかに途中は普通の散歩気分で来たらやめたくなるような足場の悪さだった。


(13:00〜14:00 車移動 北海道 ニセコ→北海道 岩内)
 14:00 岩内 昼食
DSC_0633.jpg
お寿司屋さんで遅めのお昼。張り込んで特上を頼みました(笑)

17:00 江別到着
DSC_0636.jpg
高速降りたら2分で実家。インター降りてすぐの畑では牧草ロールができてました。(いや?もしかしたらこれは麦かな?)
comments (9) : trackbacks (0) : Edit

2011 北海道旅行 一泊目

8月 6日 (土) 晴れ 北海道旅行一泊目 (5:00〜15:00 車移動 神奈川→岩手)
10:45 福島県 東北道 国見SA
DSC_0466.jpg
桃が売られていましたが、帰りに買うことにしてスルーしました。(しかし帰りは渋滞が気になり、国見SAに寄れませんでした。)ももジュースは美味しく頂きました。

13:00 岩手県 東北道 前沢SA
DSC_0467.jpg
ウサギが飼われていました。ちっちゃくて可愛いです。
パキちゃんは動かないウサギ(ひたすらじっとしてる)に興味がありませんでした。

(15:00〜16:00 岩手県 長者屋敷公園)
 15:00 岩手県 マスの養殖所跡?
DSC_0488.jpg
岩手県の松尾八幡平ICで東北道を降りました。
今晩の宿むってぃへ向かう一般道の途中で、不思議な光景を見かけました。
ここはマスの養殖所跡のようですが、魚はいませんでした。ツタの張り具合や、タイルで書かれた「水族館」の文字がなにやらちょっとジブリ風でした。

DSC_0480.jpg
高速道路の温度表示が37°Cで、とても暑い日でした。
キトリちゃんは水に入りたいけれど、深いかもと様子を見ているところ。

DSC_0482.jpg
結局、入っちゃいました。浅いところを見つけて誘導(笑)

DSC_0486.jpg
パキちゃんはついでに入れときました。(パキちゃんは水が好きではないのです。)

15:30 岩手県 長者屋敷清水
DSC_0490.jpg
長者屋敷公園に長者屋敷清水があります。ここは岩手の名水20選だそうです。ポリタンクを積んだ車が次々と来て、水を汲んでいましたよ。

DSC_0497.jpg
長者屋敷公園は犬が入れないので、脇を流れる小川でまたちょっと水浴びです。ここの水は冷たくて気持ちよかったです。

(16:00〜08:30 岩手県 安比高原 ぺんしょん むってぃ)
 18:30 夕食
shokuji01.jpg
今晩の宿むってぃに到着しました。夕食のヒメマスのレモンバターソース(多分レモンバター)がとっても美味でした。(メインのお肉は撮り忘れて食べちゃった。美味でした♪)
夕食時に地震の影響をオーナーにお聞きしました。安比高原はそれほど酷くなく、食器の被害もほとんどなかったのだとか。よかったです。

door01.jpg
むってぃのお部屋は部屋番号と共に宮沢賢治の物語の題名が付いていて、扉の上には題名に沿った絵柄のステンドグラスが嵌っています。

翌8:00 朝食
DSC_0515.jpg
朝ごはん。帰りの二泊目は卵がポーチドエッグに、ソーセージがベーコンになってました。あつあつに温まっているパンが美味しい!

DSC_0513.jpg
こちらは露天風呂。夜と朝、しっかり二回入ってきました。気持ちよかったー!
comments (5) : trackbacks (0) : Edit

河津七滝めぐり

パキパパの休みが急に取れちゃったので伊豆に一泊行ってきたよ♪
ゆめちゃんブログの旅行の記事で伊豆のお宿を探し、R65さんにお泊りしてきました!
初日はペッシェグロッソでお昼→一碧湖→宿。まとめはこちら→twilog

晩ご飯のメニュー
R65food.jpg
ぱきんこったらオーナーさんにものすごい甘えっぷり。。。私にはこんなに甘えてくれないのにorz。
梅雨どきなので無理かなと思っていたけど夜には満天の星空が見えました。


朝ごはんの前に城ヶ崎の海を見にお散歩してきました。
SANY3947.jpg
散歩中にキビタキをみかけたり、タイワンリスが鳴いていたり、家の近所では見れないものも見れて楽しかった♪
海岸沿いの林の中を歩く自然研究路というコースがあるので今度歩いてみたいなあ!(6kmくらいあるらしい)

七滝めぐりにGO。
SANY3978.jpg
七滝ループ橋。橋の下に町営の無料駐車場があります。

SANY3980.jpg
大滝は天城荘というホテルの敷地内を歩いていく。
河津七滝 大滝

河津七滝 出合滝

梅雨時は水量が多いのかな。迫力ありました。

SANY3993.jpg
遊歩道の岩壁に大文字草が咲いていました。

SANY3997.jpg
初景滝。『伊豆の踊り子』のブロンズ像がある。
河津七滝 蟹滝付近

じゃぶじゃぶキトリちゃん(ラストの音量注意!)

河津七滝 へび滝付近


SANY3999.jpg
急斜面に大雑把な階段がへばりついていて、なかなかワイルドなコースになってきた。

SANY4010.jpg
吊り橋

SANY4013.jpg
この階段は段がまともだけど、長い。しかしこんなのまだまだ序の口だったことを後で知る(爆)

SANY4014.jpg
釜滝

SANY4017.jpg
柱状節理

SANY4020.jpg
吊り橋の階段。

釜滝からさらに猿田淵に行き、さっきの階段なんかまだまだひよっこに思えるなが〜〜〜い階段を登って終点水垂バス停へ。
……………………………………………。
このコースは周回コースじゃないから、車まで来た道をもどらなければならないのだった。別ルートで国道を戻るにしてもあのループ橋だけで1km。しかもこの山道、歩道がない。
――――パキパパがバスに乗って駐車場まで戻り、車でここまで来てもらうことにしました(笑)

nanadaruend.jpg
朝の城ヶ崎散歩で7387歩。滝めぐりで7846歩。ほとんど坂道か階段で筋肉痛になったよ!
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

2010北海道の旅

2010年夏休み1-1.jpg

お盆に北海道へ帰省しました。
1日目は青森まで行きました。
その夜はねぶたの花火大会でした。
パキトリは花火を怖がらないので見物しました。
comments (6) : trackbacks (0) : Edit

紅葉見物

DSC_1112.jpg
裏磐梯に紅葉見物に行って来ました。
というか…去年のイヌリンピックでもらった宿泊チケットを消化しに行ったのです。

名称未設定-1.jpg
五色沼探勝路を歩きながら紅葉を堪能。

DSC_1121.jpg
けっこう歩き甲斐のあるコースでした! 足元に石が多いので躓きやすい(笑) 景色や紅葉に気を取られて足元を見てないとうっかり転びそうになることもしばしば(爆)
金曜日だったので観光客は少なめだったと思うけど…年齢層が高かったなー。
周回コースじゃないので、往復で約7kmくらい? 帰り道は国道をてくてく下ってきました。

次は紅葉の名所ということで中津川渓谷へ

この下りがなかなかスゴイ。五色沼でけっこう歩いた後だったから最初降りるのやめようかと思ったのだけど、かなりご年配の方々が果敢に斜面を攻めているのを見たらここはやっぱり行っておかねばと…(笑)
DSC_1255.jpg
ひーー! 段差がー! とみんな悲鳴をあげてました(笑)

DSC_1249.jpg
午後になって日が傾いてきちゃったので写真はイマイチ。。。

DSC_1243.jpg
キトリちゃんはお約束のじゃぶじゃぶ。想像したより水が冷たかったらしく慌てて上ってきたけれど(笑)

DSC_1260.jpg
下りも大変だったけど、上るのもたいへん。。。

DSC_1230.jpg
平日なのに観光バスがいっぱいでした。マークが可愛くて思わず撮ってしまった。

DSC_1236.jpg
どうも珍しかったらしく、どこへ行っても囲まれました。。。
この犬なんていうの? → サルーキです → さぬき? などというやりとりを何度繰り返しただろうか(爆)

中津川渓谷に行くのに通った有料道路にビックリ。500円くらいだろうなんて思ってたら940円(だったかな…?)ちゃんと調べておけばよかった。。。

秋は日暮れがはやい! 渓谷から戻ったらもうすっかり夕方だったので宿へ。

フットルースさんにお泊りです。ペット宿.comでグランプリや準グランプリになっている人気のお宿。

DSC_1265.jpg
部屋に入るなりこの有様。ソファーはワンコOK。
ベッドはNGだけど、乗っちゃう癖があるワンコはシーツを持ってきてくださいと書いてあったので、シーツ二枚×二人分持参しました(笑)

gohan.jpg
ゴージャス晩ごはんを堪能♪ 「見るだけー&匂いだけー」でいじけ気味のキトリちゃん(笑)
右下角のは朝ごはんです。

貸切露天風呂は空いていれば24時間いつでも入浴できるので三度も入ってきちゃいました(笑)
温泉を沸かしているのですごく体があったまる! 足の疲れもとれてよかったですよ〜。

翌日はゴンドラに乗る予定だったのだけど雲が取れるのを待ちながら桧原湖周囲を散策
DSC_1292.jpg
朝の天気予報では晴れると言っていたのになかなか晴れてこない。

DSC_1303.jpg
展望パーキングに停めながらお散歩。(というか、張り切って走ってる)

DSC_1312.jpg
湖水に映って綺麗なんだけど、晴れてればなあ。。。

DSC_1318.jpg
岸に降りられる場所を見つけてちょっと放牧。。。が大失敗。
ここでぱきんこ負傷してしまいました(涙)

しかし本犬全然気にしてないのでテーピングしてグランデコへ♪
DSC_1330.jpg
このゴンドラに乗るのだ!

晴れていればもっと絶景だったんだろうけど、天気予報は外れてしまったようです。。。ザンネン。
DSC_1358.jpg
ゴンドラから見た磐梯山

DSC_1360.jpg
ぱきんこは高いところがキライなのでブルブル震えてました(笑)
往きはキトリちゃんも初めて乗る乗り物にビビってたけど、帰りは余裕。高いところ好きだからかな。

DSC_1340.jpg
頂上ではデコ平一周コースをお散歩。これも往きは下りで帰りは上り(笑)

DSC_1342.jpg
デコ平湿原はすっかり枯れ野原。。。

最近ちょっとロング散歩してないせいか、筋肉痛になってしまった(爆)
なんかずいぶん鈍ってる気がするー!
comments (12) : trackbacks (0) : Edit

北海道2009 往路・復路

往復路の記録。来年また行くときにきっと参考になるはず(笑)

-+-+-+-+-+-+-+-+- 往路 1日目 -+-+-+-+-+-+-+-+-

01.jpg
前日の晩があまりに寝苦しくて3時前に目が覚めちゃった。予定より早いけど4時過ぎに出発!
この時点で東名下りには渋滞情報が。さすがお盆ですねー。
福島の渋滞も八時をすぎると表示が出はじめました。
朝のうちは気持ちもゆったり(笑)ドッグランのあるSAにはなるべく寄ってみたりして。

02.jpg
郡山付近から断続的に渋滞していて抜けるのにお昼ごろまでかかりました。
今まで東北道の福島で渋滞の経験はなかったのだけど、やっぱりお盆だから?それともETC1000円が大きいのか?

03.jpg
朝ごはんなんか最初から表に出しておけば八時ころちょうど溶けてただろうに…わざわざ冷えひえのクーラーボックスに入れとくから(爆)500mlペットボトルも凍ってます。
ご飯もとけて食べごろになったので国見で休憩。

04.jpg
国見SAのレストラン、テラス席はワンコOKです。人もお昼ご飯。

05.jpg
涼しかったのでエアコン使わずに来れました。紫波SAで一回目の給油。
青森で車中泊かと思ってたけど、ギリギリで十和田付近に宿が取れました。
八戸道を通って十和田へ。
ところで今回一番の失敗…洗面道具一式を積み込み忘れ。東北道に乗ったところで気がついたけど後の祭り! 宿に向かう前にドラッグストアに寄ってコンタクトのケア用品など調達する羽目になりました(爆)
まだ凍ってたぱきめしを洗面所で水につけて溶かしました。

-+-+-+-+-+-+-+-+- 往路 2日目 -+-+-+-+-+-+-+-+-

001.jpg
十和田近くに宿が取れたものの…青森までは二時間以上かかるというので出発は3時起床・3時半出発。山道の一般道は安比高原から青森に出るよりずっと時間がかかるのだ。これなら青森で車中泊の方がよかったんじゃ……(爆)
船の時間が朝じゃなければゆっくり出来たんですが(笑)
ペンションの方も早起きして朝ごはんをお弁当に詰めてくれました♪

002.jpg
函館に着く頃には溶けているかと思ったクーラーボックスの中のぱきめし、まだ半分以上凍っていて固かったです。
うちの古いカーナビでは函館江刺道ってのが出てきませんがこの道使うと便利。

003.jpg
森の道の駅で休憩。ようやくお弁当箱の中身も溶けました(笑)
今秋八雲の次に落部ICが出来るらしい。

004.jpg
このあたりまで来るとドライバーはもうバテバテ。ベンチがあれば寝て休み、なければコットが出動(笑)
札幌まできたらもう高速に飽きてしまって途中で降りました(笑)
このまま実家近くのICまで乗っていったほうが速いのだけど、記念塔が見えたらもう着いたような気分です(笑)

まだ復路が残ってるけどフライングで公開にしちゃおう。続きは地味に書き足します。
comments (15) : trackbacks (0) : Edit

北海道2009 江別・札幌・函館

北海道シリーズまだあります(笑)その他もろもろ編。

まずは地元風景。麦稈ロールを探しに地元江別の小麦畑に行ってみました♪
パンを作る方ならわかるかなあ。ハルユタカを作っているそうです。

DSC_9876.jpg
ほらね〜。あるある。
朝まだ作ってなかった畑でも、帰りに通りかかったら作業中でロールがいくつも並んでいたりしました。
天候不順が続いていたからここ数日の好天で作ってしまわないとと大忙しだったようです。

DSC_9883.jpg
ん? 一昨年もこういう写真撮ったな(笑)


トラックが目の前を通過!
あっ、このトラック、上三個も二列積んでるーーー!

DSC_9888.jpg
この黄色い花、うちのあたりでもよく見るけど畑際にわんさか咲いてました(笑)
がまの穂が埋もれています。

こっち方面に来たのならよっていかなきゃー! 町村さん♪(地元の有名牧場)
DSC_9898.jpg
今回あちこちで食べたけど、ここのソフトクリームが一番おいしかったかも。

DSC_9899.jpg
キトリちゃん、ソフトに目が釘付けー(笑)

DSC_9905.jpg
飲むヨーグルトはおふたりさんにもおすそ分け

ちなみに売店のある今の町村牧場とは別に、昔の農場を展示公開している。
DSC_9915.jpg
こちらが旧農場のサイロ。奥はレンガ、手前は石造り。

DSC_9916.jpg
北の国ではあじさいがいまだに咲いているのです。

DSC_9917.jpg
牛舎と看板

SANY2547.jpg
こちらはうちの近所のサイロ。レンガ造りとブロック造り。

レンガも名産品なのでした。
SANY2652.jpg
駅前の古いレンガ工場。(今はレンガ工場じゃないんだけど)

SANY2663.jpg
古い小学校もレンガ造り。これは体育館。

SANY2638.jpg
こちらは校舎

SANY2660.jpg
屯田兵が使っていた火薬庫だそうです。
…それにしても、市内を観光目的で回ったのなんてはじめてかも。なんだか小学校の授業を思い出しました(笑)
comments (8) : trackbacks (0) : Edit

北海道2009 かみふらの八景

富良野〜美瑛はみどころたくさん。青い池だけみてきたわけではありません(笑)
去年は↓の地図の美馬牛よりもっと北にあるパッチワークの丘を回ったので今年は白金〜十勝岳方面を回るルートを堪能してきました。
この地図のルートで約50キロ強であります。

bieihurano1.jpg
※この地図はクリックしても大きくなったりしません

まずは不動の滝。青い池からは車ですぐ。
DSC_9798.jpg
お約束の記念撮影。

SANY2614.jpg
パキパパは川で何してるかというと…洗濯。。。
記念撮影で滝のわきをよじ登っていたら泥水溜まりに足を突っ込んでしまったのでした(なので、写真の笑顔が引きつっております)

SANY2622.jpg
一体何をしているのかしらと様子を伺うふたり。

SANY2624.jpg
キトリちゃんもずっぽり嵌ったドロ足を川に入って流しました(笑)
予定外の川遊び。水はかなり冷たかった模様です。

途中望岳台と看板が出ていたので寄り道
bougakudai.jpg
標高930m。アレ? 思ったより高くない。むしろ八ヶ岳近辺に行ったときの方が標高は高かったなあ。…けどあたりはすっかり火山岩。
ふらりと立ち寄ったので知らなかったけれど、高山植物が楽しめる一時間程度の散策路があるそうです。
キトリちゃんが嗅いでいるのはオンタデという高山植物かなー。

DSC_9810.jpg
火山岩のカケラは積み上げるものらしい

DSC_9812.jpg
上富良野方面…いや美瑛方面か? 気温が高くて景色が霞んでしまったのが惜しい!

DSC_9818.jpg
立ち入り禁止の朽ちた木橋

DSC_9817.jpg
ここでも記念撮影。ヤッホー!

さて、お天気もいいことだし次の絶景ポイントへ移動♪
かみふらの八景のひとつ、旭野やまびこ高地にやってまいりました。
十勝岳連邦が一望できる絶景ポイント…のはずが
DSC_9828.jpg
やっぱり暑すぎて霞んでるし山並みには雲もかかっちゃった。 こういうのを期待してたんですけどね〜(笑)

DSC_9821.jpg
もうひとつのお目当ての小麦畑は刈り取りが終わったばかり。(小麦の収穫は7月下旬〜八月上旬くらいかな)
残っている畑もないわけではなかったんですけどね〜。
タイミングがよければ収穫後の麦稈ロールが見れたのですが、残念ながらこれも不発(爆)

DSC_9836.jpg
仕方がないので、周りの風景を漠然と撮ってみる
観光ポイントとしては相当マイナーな場所らしくだーれもいませんでした(笑)

富良野は盆地なのでやたら日中暑くなる。降りて歩いていると暑いのでとっとと移動開始〜。
次にまた予定外の看板が見えてきた。パノラマロード江花と書いてあるのでちょっと横道の農道に入ってみる。

DSC_9856.jpg
わ〜〜ひまわりだー!

DSC_9857.jpg
境目がくっきり(笑)

今年は旅行中いっぱいひまわり畑を見かけました。
SANY2588.jpg
こっちはどこで撮ったんだか…車の中から撮ったもの。
後ろ向きのひまわりの列。

この後千望峠の駐車場に寄ってみたものの暑さで景色が霞んじゃってダメでした。
DSC_9863.jpg
立ち寄った記念に看板だけ撮影(笑)

お昼も回ったことだしごはんを食べに今年もまた富良野チーズ工房へ。
SANY2633.jpg
玉ねぎピザ一枚 去年の玉ねぎの方が美味しかったぞ(爆)
やっぱり収穫シーズンだと違うものなんだろうか(笑)

SANY2636.jpg
そしてアイス。手前がとうきびアイス。奥がぶどうアイス。
日なたは暑くても木陰に吹く風はすずしくさわやかでした。
comments (11) : trackbacks (0) : Edit

北海道2009 青い池

美瑛・白金の青い池

美瑛川の砂防工事で出来た池。ここ数年口コミで観光スポットとして有名になってきた場所らしいです。
検索すると以前は立ち入り禁止だったなどの情報もHITするので、ガイドブックには載ってないのかも。
入れるのかどうかと心配してたのですが、入り口に駐車場が出来て看板も立っていたので現状は観光スポットとして定着しつつあるようです。
しかしながら、隣はクレー射撃場なので要注意。あと熊にも注意(笑)

DSC_9724.jpg
以前は池近くまで車で入ることもできた(というか勝手に入っていた?)ようですが、今は道路際に駐車場が作られていて砂利道を徒歩で向かいます。5分くらい歩くと草の向こうに池が見えてきます♪

DSC_9725.jpg
青い色は白金温泉の硫黄成分説と、十勝岳由来のアルミニウム成分説があるようです。

DSC_9742.jpg
砂防工事で水が溜まり、植林されたカラマツが立ち枯れてこういう光景になりました。

DSC_9759.jpg
規則正しく並んでいます。。。

DSC_9748.jpg
写真を撮る観光客が草を踏み固めていて、途中いくつも撮影ポイントがありました。
律儀なワタクシ、そのたびにカメラを構えておりましたが…奥まで行くとちゃんと開けていてよく見える場所がありました。せっかちなのはみんな同じようです(爆)

DSC_9761.jpg
風があると波が立ってあんまり綺麗に撮れないとか、お天気によってはあまり青く見えなかったりとけっこう天候・コンディションに左右されるようです(笑)

DSC_9773.jpg
池の終わりは川につながっています
川の水も青い。

DSC_9782.jpg
奥にも枯れた木が……深いところと浅いところで青の濃さが違いました。

不動の滝につづく〜
comments (15) : trackbacks (0) : Edit

北海道2009 ドッグラン

今年も行って来ました北海道♪
まずは札幌サルーキズと一緒に遊んでもらったランの様子からあっぷっぷ。

月寒のグリーンドッグに行って来ました。
NPAコーシングの会場になっているアルファコートドーム(昔はグリーンドーム、更に昔は共進会場と呼んでたはず)にあります。実家からは30分ほど。今まで帰省で行ったどのランよりも近いですよ!

DSC_9541.jpg
とにかく広い。ABCDと四つのエリアに分かれています。(扉の向こうがラン)
利用登録にワクチンの証明書、狂犬病予防注射の証明書(済票でも大丈夫でしたが、日付の入ってるものがベスト)が必要です。ないと登録できないので、旅行で行かれる方はお忘れなく!

凸凹さんちのアレックスくんとチリエちゃんもちょうど北海道に帰省していたので一緒に遊んでもらいました♪
DSC_9612.jpg
おそろしくそっくりなチリエちゃんとあっくん♪

DSC_9568.jpg
わー。あっくん走ってるー! うしろはクロロくん

DSC_9573.jpg
陽気なブラタンのクロロくん。みんなと遊ぶの大好きでした。

DSC_9575.jpg
サルサルサルウィサル

DSC_9586.jpg
マークくんもよい笑顔です♪ 体調が心配でしたが、元気そうなお顔が見れてよかったー!

DSC_9588.jpg
ロミオくん♪ 歯がぴっかぴかー!

DSC_9592.jpg
クロロくんと追いかけっこするキトリちゃん。真ん中はあっくん、ちーちゃんどっちだろー!?

DSC_9598.jpg
相変わらず狭いところに逃げ込んで自爆パターン(笑)
あぶないからそういうところ走らないで欲しいなあ。


DSC_9653.jpg
ロミオくんとクロロくんは同胎の兄弟♪ いつも一緒に遊んでるのかな?
とっても仲良しです!

DSC_9672.jpg
ディスクで飲むお水はおいしいですかー?

DSC_9675.jpg
クロロくんはシャワーを浴びながらお水を飲んでました(笑)

DSC_9689.jpg
キトリちゃんのブルブル
この日は今シーズンの最高気温になったらしくみんな水浴びしながら遊んできました。

DSC_9713.jpg
走り回って日陰で休憩。チリエちゃんの尻尾を枕に寝てるヒトは誰ですか!

hiropuriさん、クロロ家さん、凸凹家さん
突然決まった我が家の帰省で急遽日程を組んでくださってありがとうございました〜!
comments (5) : trackbacks (0) : Edit